こども予防接種クリニック

トップページ

インフルエンザワクチンについて


接種量・年齢について
6か月〜3歳未満   1回0.25ml(2500円)  2〜4週後に2回目     
3歳以上13歳未満   1回0.5ml(3500円)  2〜4週後に2回目
13歳以上 1回0.5ml 原則1回のみ

WHO(世界保健機関)や米国が推奨する接種方法
生後6か月〜8歳まで(9歳未満)は2回接種ですが、
前年に2回接種している場合には1回接種をすすめています。
9歳以上は毎年1回接種です。
接種回数については、接種医と相談してください


接種時期・効果について


1回接種したのち、2週間後くらいから抗体が上昇しはじめ1か月後にピークとなります。
その後徐々に効果が減弱しながら5カ月間効果が持続すると考えられています。
2回目を接種すると、免疫増幅効果(ブースト効果)により接種効果はより強く、より長くなります。
ブースト効果は1回目から4週間後に接種することで最大になることが知られています。

接種例
10月中に1回目→4週後の11月中に2回目を接種
11月中には効果が出始めて、12月中に効き目が最大限になり、
4月中くらいまで効果が持続する

11月中に1回目→2〜4週後の12月中旬までに2回目を接種
12月中には効果が出始めて1月中には効果が最大限となり
5月中くらいまで効果が持続する

上記のような接種スケジュールが一般的です。 12月に接種開始した場合などは2週間後に2回目を済ませてしまうのが良いでしょう。